La BOMBANCE 古宇利島 日本料理

古宇利島から広大な東シナ海を一望できる
レストラン「La BOMBANCE古宇利島」。
今回、東京西麻布に本店をかまえる
La BOMBANCEが沖縄初出店。

オーナーシェフ・岡元信と料理長・梶原信治の生み出す
和のキュイジーヌには、
経歴に裏打ちされる
確かなセンスと技術が詰め込まれる。
その手から創り出されるジャンルを越えた「芸術品」は、
繊細でありながらも懐深い味わいを醸し出し、
その一品一品がお客様の心に深く届いていくことでしょう。

この古宇利島でしか味わえないやんばるの
"ご馳走(bombance)"を思う存分ご堪能ください。

ご宿泊のお客様はディナーからブレックファーストまで
お楽しみいただけます。

「La BOMBANCE 古宇利島」
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2451
One Suite THE GRAND内 本館2階
受付 090-7587-5770
labombance@onesuite.jp
La BOMBANCE古宇利島 Instagram

営業時間
ブレックファースト <ご宿泊者のみ>
7:00~10:00(最終入店9:30迄)

ディナー
17:30~21:00(最終入店19:00迄)

Dining ダイニング テーブル 16卓 / ソファ 1卓 / テラス 8卓

Chef’s Counter シェフズカウンター 最大8席の個室 シェフが目の前で料理に彩りを添えます。 太陽コース、月コースに限りご利用可能なお席。

SAKE CELLAR 日本酒セラー 日本酒の美味しさを最大限に保つために開発された日本酒セラー プレミアムな日本酒の本来の美味しさを保ちます。
JAPAN CRAFT SAKE COMPANY代表取締役でもある中田英寿氏が開発に携わる。
株式会社アルテクナ、株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY、さくら製作所株式会社の3社が共同開発した日本酒セラー。

Chefs シェフの紹介

岡元 信

Makoto Okamoto オーナーシェフ

岡元 信

1973年、新潟県生まれ。
高校卒業後、料理の世界へ。
東京・日比谷の「日本料理 鴨川」、東京・築地にある東京新阪急ホテル(当時)の「日本料理 明石」や「鉄板焼き ロイン」、老舗の高級料亭「紀尾井町 福田家」などで修業を重ね、2004年に「La BOMBANCE(ラ・ボンバンス)」を開業した。
日本料理の伝統を踏襲しつつも、その枠に囚われない自由奔放な美食の数々を生み出し、世界中の多くの人の心を虜にしている。
「お越しくださる皆さまに感謝の気持ちを忘れずに、四季折々の日本の食材と対話し、お客様の“心の記憶に残る料理”を作りたい」という想いが、
「La BOMBANCE」の料理の原点。
現在は料理長として腕を振るう一方、姉妹店の南青山すだち、香港店、京都店、富山店のプロデュース、自著の出版や料理教室の講師など、活動の幅を広げている。

著書
「和食でワインでおもてなし」文藝春秋刊

梶原 信治

Shinji Kajiwara 総料理長

梶原 信治

1968年、北海道生まれ。
札幌・フジヤサンタスホテル、伊豆・稲取銀水荘、東京・ヒルトン東京お台場 日本料理さくら総料理長などを歴任。
La BOMBANCEオーナー岡元の目に留まり、熱心に交渉をし続け、2021年沖縄古宇利島にて新規出店の総料理長として着任。 料理人が料理人に惚れ込むほど、梶原が生み出す会席料理には、多くの人の心を虜にするものがある。
なによりも、決め手となったオーナー岡元との『お客様の"心の記憶に残る料理"を作りたい』という価値観の一致。 『La BOMBANCE』の原点とも言える、人と人との繋がりやお客様と料理への熱い想い。古宇利島でしか味わえない、梶原の集大成が2021年7月に始動。

系列店舗

La BOMBANCE 西麻布本店
東京都港区西麻布2-26-21 B1
詳細はこちら
Sudachi
東京都港区南青山7-12-12-B1
詳細はこちら
La BOMBANCE 祇園
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480 SOWAKA内
詳細はこちら
La BOMBANCE 環水公園
富山県富山市下新町35-23 環水テラス2F
詳細はこちら